キリムとは?の最近のブログ記事

収納袋大図鑑

テントの中に並ぶ収納袋 大きなテントの中に並ぶたくさんのジジムの収納袋。迫力があるでしょう?

定住地を持たない遊牧民たちは、持てる財産のすべてをウールキリムの収納袋に納めていました。 収納袋の数が多いことが、裕福である証でもあったわけです。
(左の写真はキリムの展示会で撮影しました)

 

それにしてもまぁ、一口に収納袋といっても、デザインや形の多種多様なこと!そして、 その多くが美しい織り模様で飾られていることに、またまた驚かされます。
お引越しの時には、収納袋をポンとラクダの背中に乗せて、らくらく移動〜。これはなかなか便利です(^_^)

生活道具としてのキリム、遊牧民の暮らしの知恵と豊かな想像力を、ちょっぴりのぞくことができる気がして、 私は収納袋 チュアル(Cuval)をじっくり観察するのが大好きなんです。

開いたジジムチュアル 上に並んでいるゴロンとした袋を開くと、左のような形に。正面から見えない部分は、シンプルなボーダーだけになってます! 見える部分だけに、特別細かなジジム(Cicim)になってるわけなんですね。なんて合理的!

開いたジジムは敷物にもデコレーションにもぴったり。ガラタバザールでは、このスタイルのほうがおなじみですね。

このジジム&ボーダーキリムの収納袋は、カイセリ、シワス、マラテヤなど、 アナトリア中央部で多く使われていたようです。
(商品はこちらに展示中


テントの中を飾る収納袋よりも、もっと日常的にバンバン使われていたのは、縦型で大きく口の開いた収納袋。 かなりの大きさですけれど、これに直接ジャガイモやムギなどの穀物類を入れていたのです。
ジジムチュアル日本で言うと、ちょうど米俵みたいな使い方ですね。そういえば、 このタイプのチュアルがほとんど同じ大きさで統一されているのは、食料の量を何袋分、、、 のように数えていたからかもしれませんね。キリムのガイド本には、縦横の比が3:4が一般的、とまで書かれています!
アナトリア中央部で多く見られる、右のようなデザインの収納袋の雪の結晶のようなモチーフには、 五穀豊穣を願う気持ちが込められているといいます。
もともとは表と裏同じデザインで、左の写真のようにベルトがつけられ、口の部分を縛って閉じるような形でした。 同じデザインの小さなジジムが2枚あるのは、表と裏でつながっていたからなのです。(商品はこちらに展示中
ベレケットのチュアル

ところ変わればデザインも違う…
アナトリア北西部のベルガマの収納袋も見事なスマックがみられることで有名。
ベルガマチュアルベルガマチュアル 比較的時代の新しいものでも、素晴らしい織りのものが出てくることが多いのが嬉しいです。
お嫁入りに収納袋を持っていく風習が続いているからでしょうか。。。
アンティークキリムに比べれば、生活道具としての収納袋はまだまだ情報が少ないのですが、『KILIM The Complete Guide』という本では、一通りのサンプルを見ることができます。そこでは、 ヘイベ(Heybe)と呼ばれる二艘のサドルバッグも一緒になっているので、 ここでもそれに習いましょう。
ラクダ
ロバ、馬、ラクダと大きさはいろいろあります。背中にかぶせて、左右の袋の部分に、 ジジムやスマックなどの凝った装飾がされています。ラクダ用ではイランのバクティアリ族のものが 「キャメルバッグとしてよく知られていますね。 (商品はこちらに展示中

 

ヘイベ
ジジムヘイベ
ソルトバッグ
塩を入れるソルトバッグ。口が狭くなっているのは、ラクダに中の塩をなめられないため。
マフラッシュタンスのイメージに一番近いのは、 立体的な形の長方形の収納袋マフラッシュ(Maffrash)。 赤ちゃんを入れてゆりかごにすることもあるのだとか。。
トルコの東北部から、コーカサス地方にかけて見られるスタイルです。日本の柳行李(ヤナギゴウリ)を思い出すな〜。

このカタチ、一枚のキリムのほかに、正方形の2枚の小さいキリムが合わさりますよね。織りの素晴らしいものは、 小さな一片だけでも、けっこういいお値段がついたりするコレクションピースです!

マフラッシュ特にアゼルバイジャンのスマック(Smak)織りのものは、 見ているだけでもうっとりするような細かさですよ。 (商品はこちらに展示中

右の写真は、日本のお部屋で実際に収納袋として使っている様子。口のところにザクザクと紐を通して、 軽くたたんでフタが出来るように工夫しています。他に、逆さにしてテーブルにかぶせる使い方もおすすめです♪

ヤストゥク
ソファのひじあて代わりに置かれた枕のピロー。
ヤストゥク

最後に、ヤストゥク(Yastuk)もご紹介。
枕の意味ですから、収納袋ではないかもしれませんけれど、袋状のものということでいろいろな用途に使われていたようです。 お部屋のアチコチに、ゴロゴロと置いてあるのがトルコ風!

 

万能とも思えるほどの遊牧民のキリムを使う技は見事というほかありません。実はまだ、 本当の遊牧生活の人々に会いに行ったことはないのです。羊とラクダとキリムと、 一緒に暮らす人々をいつか訪ねてみたいですね。

(2003.12 たくさがわ)

母から娘へ〜 キリムにこめられた想い

アナトリアキリムの歴史は、今から9000年以上の昔に始まります。キリムのモチーフに見られる伝統的な表現方法は、世代から世代に、 母から娘へと受け継がれ、今もなおその歴史を刻み続けています。

母から娘へ…

母から娘へ受け継がれるキリムの織り キリムがとても魅力的なのは、 用いられているモチーフがとてもシンボリックで象徴的な意味を持っているからでしょう。モチーフの意味を判読するのには、 数々の想像を働かさなければならないのです。研究者たちは、哲学・宗教・生活文化・精神分析にいたるまで、 まさに人間性の全てを重ね合わせて、キリムに込められたメッセージを読みとろうとするのです。複雑に組み合わされた表現から、 次々にイメージを膨らませる・・・それこそがまさにキリムが多くの人を惹きつける魅力といえます。

キリムのモチーフには、それを織った女性たちの秘められた想いが込められているのですが(時には本人も無意識なのか・・)、 そのデザインには伝統的に受け継がれてきたある特定の形・幾何学的なパターンになっています。 歴史の表にはなかなか表れてこない女性たちの社会に、脈々と受け継がれてきた文化なんですね。

9000年前、まだ人類が幼い子どものようだった時代にキリムは誕生し、そこに織り込まれたモチーフは愛や命、 死や見えないパワーを表現してきました。キリムに織り込められたメッセージは、 昔の人々が現代の私たちに残してくれた手紙のようなものかもしれません。ちょっと複雑すぎる暗号ですが・・・。でも、 それを解読するのもまた楽しみです。めまぐるしく変わる私たちの毎日に、いつの時代も変わらない、 飾らないままのやさしい心を伝えてくれているのですから。

トルコ語でキリムは、もともと単に織物を表しました。遊牧民にとっては、たとえ彼子供のころからキリムの織り方を身につけて…らが定着生活であったとしても、夏は涼しくて冬は暖かいというキリムは、生活にはなくてはならない、 何にでも使える幅広い用途のものでした。

例えば、キリムは風や砂から身を守ってくれる家にもなり、家の中ではベッドやテーブルにもなる。 おしゃべりをするためのスペースをつくったり、赤ちゃんのゆりかごになったり、タンスになったり、棺にだって使われました。 そして神聖なお祈りの場所にも。

宗教的な儀式に使うものということでは、キリムほど日常生活にとけ込み、 しかも伝統的に花嫁道具のひとつとして女性の手で作られていたのは、他のどの文化や文明にも見られないキリム特有のことなのです。 ここにもまた、キリムと精神世界を結びつける密接な関係がありそうですね。(2001.6)

キリムとは?

| トラックバック(0)

キリムは、アナトリア高原から広がるチュルク族、遊牧民たちが織る平織りの敷物です。
幾何学のモチーフはさまざまな意味を持ち、独創的な色やデザインは、その芸術性の高さでも注目されています。

キリムの語源について

キリムとはもともと日本語だったSUSHI(スシ)とか、もともとフィンランド語だったSAUNA(サウナ)などの言葉が、英語やその他の言語に取り入れられて一般に使われる言葉になったのと同じように、もともとトルコ語で使われていたKILIM(キリム)という言葉は、世界中で一般に使われるようになったトルコ語です。ウールの平織りのものを指していて、敷物に限らずテント布や収納用具などの生活道具として使われていたものも、すべてキリムです。
現在ではトルコといえばトルコ共和国のことですが、トルコ語を話す民族=チュルク族はアナトリア高原から中央アジアの広い地域に住んでいますから、キリムの文化圏もとても広いことがわかります。
そのほかの近隣諸国では、ケレム、ギリムなど様々な発音で呼ばれているようです。ウールの平織りの敷物は、アフリカや南米などの広い地域で作られていましたが、中でもトルコ(アナトリア)のものはデザインや色が美しく、19世紀の末ごろから欧米の人々が好んで買い求めるようになったため、平織りの敷物の総称として、トルコ語のキリムが使われるようになったのです。

キリム織りの技法

キリムとは下の図は、一般的なキリムの織り目を拡大したもの。トルコでは垂直に縦糸をぴんと張った織り機に、横糸を通して目を詰めていきます。色を切り替えるときは、横糸を折り返しますから、幾何学模様を織り込んでいくと、切り替え部分には隙間ができるのです。キリムを織る技法や道具は、トルコ、中央アジア、イラン(ペルシア)でそれぞれ違ったものが見られます。
最もシンプルな平織りのほかに、飾り糸を織り込んでより複雑で頑丈な織りをつくる、ジジム(Cicim)やスマック(Sumak)、ジリ(Gili)など、さまざまな技法が用いられますが、すべて総称してキリムとして扱われます。
参考までに、英語でカーペット、ラグと呼ばれているのは、縦糸に結びつけた毛糸をカットしてパイル(毛足)のあるもので、キリムは含まれません。


一般的なキリム


毛足のあるカーペット


飾り糸を織り込むジジム

刺繍のように見えるスマック
Powered by Movable Type 5.2.3

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちキリムとは?カテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリはキリムのモチーフです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。