キリムの本の最近のブログ記事

キリムへの旅 トルコへの旅

| トラックバック(0)

キリムへの旅トルコへの旅

キリムへの旅トルコへの旅

渡辺 建夫 (著)


キリムについて、というよりトルコの旅行記に近い内容です。

キリムを追いかけての旅の途中での小さなエピソードが、90年代の懐かしいトルコを
思い出させてくれます。

私(たくさがわ)が、図書館でこの本を見つけて、トルコの旅の本と思って読んだのが1999年。
そのときは、自分が同じ仕事になることなど、考えてもみませんでした。

インターネットが今ほど普及する前で、情報が少なかった時代の旅。
海外の知らない土地、見たことのない文化を、自分の足で歩いて、目で見て、心動かされて…
モノに向き合う姿勢のようなものに、とても共感したことを覚えています。

時代は進んで2008年秋。
JAPANTEX というテキスタイルの見本市での勉強会で、渡辺さんご本人のお話を聞くことができました。
残念ながら現在は、トルコキリムではなく、インドテキスタイルがご専門になっているとのことでした。

Nomads in Anatolia

| トラックバック(0)

Nomads

Nomads in Anatolia

アナトリア(現在のトルコ)に暮らす遊牧民の生活風景の撮影記録。

写真は、ほとんどが1970年代のもので、撮影されたエリアは、
南部のアンタルヤ地方、東部のマラテヤ・クルディッシュ地方など。

トルコキリムそのものについての資料や研究はたくさんありますが、
その織り手である遊牧民の実際の暮らしについては、
書籍や写真、(ましてや映像!)は、数少ないと言えると思います。

この本は、ドイツの研究者で、Koekboya (草木染についての研究)の著者でもある
Harald Boehmerによって編集されたもので、
アナトリア遊牧民の貴重な写真資料です。

Nomads


写真に登場するような遊牧生活者は、1980年代にはほとんど姿を消してしまいました。

キリムで織られた収納袋(Cuval)ってどんな風に使われていたのか、
長細い巨大キリムは、テントの中でどうやって敷かれていたのか、
などなどがとてもよくわかります。

Nomads

もちろん、各エリアのキリムについての研究や解説もあり、
実際に使われていたところをイメージすることができます。

私はなぜか間違えてドイツ語版を購入してしまったので(↑写真)
詳細についてはまだ読んでいないのです、、、

日本では英語版が手に入るようですので、早く読んでみたいです。
↓↓

Kilim Ornekleri -Examples from Kilims

| トラックバック(0)

Kilim

Kilim Ornekleri -Examples from Kilims

Josephine Powell Collection

2007年 イスタンブルで開催された ICOC(International Conference on Oriental Carpets)において
特別展 「JOSEPHINE POWELL EXHIBITION 」のカタログ。

イスタンブルの新市街側・ユルドゥズサライでおよそ90枚のアナトリアキリムが展示されました。
アメリカの写真家ジョゼフィン・パウエルさんが、数十年のフィールドワークで集めた
有数のコレクションです。

↓↓↓ 展示の様子
ユルドゥズサライでの展示の様子


出展のキリムを納めたカタログには、ジョゼフィンが、どこで手に入れたキリムなのか
そして、同様のスタイルのキリムがアナトリアのどのエリアから見つかっているのかが
一枚一枚詳しく書かれています。

Kilim

実際にトルコ全域を旅して、当時の遊牧民の話を聞きながら集めた
フィールドワークの結集です!


ジョゼフィン・パウエルさんは、2007年に他界されましたので、事実上これが最後のEXHIBITIONとなりました。
彼女のコレクションは、トルコの文化機関に寄贈されたということです。

⇒ ICOC2007 のページへ


Powered by Movable Type 5.2.3

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちキリムの本カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはインテリアスタイルです。

次のカテゴリはギャッベの本です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。