ギャッベの本の最近のブログ記事

Tribal Rugs: Treasures of the Black Tent

| トラックバック(0)

TribalRugs

Tribal Rugs: Treasures of the Black Tent

ブラックテントとはもちろん、遊牧民が大家族で暮らす、大きな黒いテントのこと。
そして、この黒いテントには、すべての敷物・織物の中で最も原始的なもの、人類が始めて作ったもの、という意味もこめられています。

アフガン、イラン、コーカサス、トルコの広いエリアに渡る遊牧民の歴史と暮らしを、
それぞれの部族の特徴を紹介しています。
ラグ・キリムの写真も多彩ですが、中でもイラン南部エリアのカシュカイ族・バクティアリ族・ロリ族の解説は、なかなか他の書籍にはない充実ぶりです。

この本は、1990年代にAntique Collectors Club から発刊されたもので、久しく廃刊になっていたものが、2010年に表紙を新しくして再販されたもの。
ラグ・カーペットのコレクター向きの本だけあって、解説はとにかく詳しい!

コレクション、とまではいかなくても、部族絨毯の世界を知るにはぴったりの本です。


ライオン・ラグ

ライオンラグ―知られざるイラン遊牧民の手織絨毯

見ているうちに、だんだん好きになってしまって・・・

ライオンラグって、初めて見たときはちょっと「???」と感じたのですが、
ずっと見ているうちに一枚一枚がとっても愛らしく見えてきました

さらに、熱のこもった愛情たっぷりの解説が書かれたこの本を読んでしまったものだから、

もうライオンラグが気になって、気になって )゜o゜(


ライオンにピン☆と来た方は、ぜひぜひ、この本で「ライオン・ラグ鑑賞」のツボを追求しましょう!

収集家として、研究活動を地道に続けていらっしゃる筆者の姿勢に
共感できるとても素敵な一冊です。


*筆者は「ラグ&カーペット ティーズ」のオーナーさんです。
 ⇒サイトへ

GABBEH Art Undrfoot

| トラックバック(0)

Gabbeh

GABBEH Art Undrfoot

イランの出版社から出ている、ギャッベのカタログ本。
英語とペルシャ語で書かれ、古い時代のギャベの写真もたくさん載っています。

素晴らしいコレクション!ですが、一枚一枚の出典を見ると、
個人所有、ミラノ、ベルリン、などと書かれ、
ギャッベの研究は海外のコレクターの手によるところが大きいのだと感じます。

Gabbeh

イランの出版社のサイトです
⇒ http://www.yassavoli.com/

Powered by Movable Type 5.2.3

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちギャッベの本カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはキリムの本です。

次のカテゴリはラグ・絨毯の本です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。