海外見本市・視察・研究の最近のブログ記事

Carpet Design Awards 2012 /Domotex

| トラックバック(0)

DOMOTEX の会場内で開かれるCarpet Design Awardsへ。
Domotex

毎年思うのですが、手織りのじゅうたんというマーケットの中で、新しいデザインや試みについて品評するというのは、けっこう難しいものです。
自分の趣味や思考がなかなかそちらへ向かないというか、、、、手織りの絨毯への興味って、その土地の伝統柄だったり、偶然にできあがったユニークなデザインだったり、そういう価値に目が行ってしまうんですよね。

でも、このCarpet Awardの会場へくると、古い時代のものを売買するだけではなく、21世紀の現在も毎日手を動かしてじゅうたんを織り続けている人たちのことを、もっと見よう、もっと知ろうと思うのです。

100年後200年後に、21世紀初頭のじゅうたんとして世界の人が知ることになる... 
そんな一枚を、今ここで目にしているのかも。などと考えながら、各コーナーをまわります。

Domotex
オールド・アンティークのコーナーは、比較的サイズの小さな伝統柄の出品です。

Domotex
右側はゾランヴァリ社のルリバフ。12平米の大型です。

Domotex
この見本市の後に、モロッコ行きの予定があったので、どうしても目に留まってしまう、ハイ・アトラスのキリム。


参加者は、8つのコーナーに展示されているじゅうたんの中から、気に入ったものを1点だけ選んで投票します。結果発表は2ヵ月後。自分の選んだじゅうたんが賞をとるか、楽しみです。


DOMOTEX2012 の公式サイトへ


DOMOTEX 2012 Hannover

| トラックバック(0)

今年も行ってまいりました!
ヨーロッパ最大の絨毯の見本市「DOMOTEX2012」です。

Domotex

視察と思って通っていた見本市でしたが、昨年からは、かなり真剣に『仕入れ』をするようになりました。

手織りのじゅうたんの流通量が世界的に減ってきているのは、この見本市の中での「手織り」の出展者が年を追うごとに減ってきていることからも、明らかです。

今やイランに行っても、ピンと来る気に入った商品がいつでも豊富にあるわけではありません。
複数の大型ディーラーが、この日の為にと用意したクオリティの高い商品が並ぶ見本市を、見逃すことはできません!

・・・とはいえ、開催2日目からの訪問とちょっと出遅れてしまった私たち。気合を入れてガンバリマス。

Farhadian

こちらは、昨年からガラタバザールでもご紹介している「ファルハディアン」社。
どちらかというと、ヨーロッパではモチーフやデザインの入っていない、シンプルなカラーが人気だそうです。

Farhadian

Farhadian

ものすごい量のギャベでしょう??
同時に8組ほどのバイヤーが、それぞれの山を開いてもらい品定めします。よそ見していると、ほかのバイヤーさんに取られちゃうことも!!

じゅうたんを開くほうも、見て選ぶほうも、体力と気力の勝負です。

ORITEP

↑おつきあいの永い「オリテップ」社。草木染のクオリティの高いカシュカイキリムをプロデュースしています。今年は私たちのために、小さいサイズのキリムをキープしてくれていました。感謝感謝!


IKTB

トルコからの出展を案内する広告塔。今年は「INNOVATION」と書かれて、新しいデザインをアピール??

昨年に引き続き、トルコ出展者はパッチワークラグを集中的に紹介していました。
(チャイなどに呼ばれている間に、すっかり写真を撮り忘れ... 写真なしです(^_^.)


2日間で、のべ9時間ほど、ひたすらひたすら絨毯とキリムを見続けました。 ヘトヘトです。。
DOMOTEXでセレクトしたギャベやキリムは、4月上旬には皆様にご紹介できる予定です。ぜひぜひご期待ください!


⇒ 続き(後半)

DOMOTEX 2010 Hannover

| トラックバック(0)

domotex1001.JPGdomotex1002.JPG

フロアカバーリング=床材に関する見本市 DOMOTEX2010 に行ってきました。
今年のハノーバーは雪景色。
毎回思うのですが、もう少し早い時期に、9月ごろに開催してくれないかしら。
1月にこちらでじゅうたんを仕入れても、日本の寒い時期には間に合わない!

domotex1003.JPG


…でも、見本市に並んでいるのは、手織りじゅうたんだけではなく、
機械織りのものも、フローリングシートも、タイルの床材もあるわけで、
伝統的にやはりこの季節なんでしょう。

今年の手織りじゅうたんのホールは、19−23。
2年前に比べて、だいぶスペースが小さくなりました。

特に印象的だったのは、シルクのじゅうたん=いわゆるペルシャ絨毯が
まったくというほど展示されていなかったこと。
全体に、地味な雰囲気なのは、超ハデハデなペルシャ絨毯の展示がないせいでしょうか。

domotex1005.JPG

でも、各国のバイヤーのじゅうたんセレクトは、2年前より活気があるように見えました!
出展者側のスタッフも、以前に比べると必死に売ろうという気合が漂っていて、
一度じゅうたんの山を開き始めたら、ノンストップで一番下まで開いて見せてくれるのです。

domotex1006.JPG

私たちも、今年は情報収集だけではなくて、しっかりとキリム&ギャッベを買い付けました。
ヨーロッパのマーケットのために、各社が厳選して集めてきた商品ですから、
サイズもそろっていますし、コンディションも良好!

テヘランでは見つからなかったサイズを中心に、セレクトしました。
ドイツからの船便は多少日数がかかりますけれど、
3月初旬には、皆様にご紹介できる予定です。

さてさて、トルコ出展者のコーナーでは・・・

domotex1007.JPG


今年も、あまりにぎわっているとはいえないようです。
ヨーロッパにより近いトルコは、バイヤーさんが直接
トルコに買い付けにくるため、見本市では選ばないということかもしれません。

かく言う私も、トルコで手に入るものは、トルコで買い付けるため
ドイツでは、情報交換でお話するだけでした。


トルコ出展者の今年のオススメは、「パッチワークカーペット」。↓↓↓
アナトリアのオールドカーペットをはぎ合わせてつくるこのパッチワークが
人気なのだそうです。


domotex1008.JPG

写真のブースでも、トルコから持ってきたピースは、壁に飾ってあるものも含めて、
すでに全部買い手がついたんだそうですよ!


カーペットの人気コンテストも、投票してきました。
ゾランヴァリ社のギャベも魅力的だったのですが、
今年は、新しく出品されたグループで、
モロッコのオールドカーペットに一票!

トルコでいう、Tulu トュル に似ていて、ブランケットのような平織りに
つむいでいない羊毛が織り込まれているワイルドなじゅうたんでした。

domotex1004.JPG


DOMOTEX 2010 の様子はこちらでごらんになれます。
DOMOTEX2010のサイトへ

Powered by Movable Type 5.2.3

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち海外見本市・視察・研究カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはメディア掲載・展示です。

次のカテゴリは関連書籍紹介です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。