トップ 情報ページトップ キリムについて キリムとは? 母から娘へ〜 キリムにこめられた想い
Twitterでつぶやく

母から娘へ〜 キリムにこめられた想い

2001年06月16日

アナトリアキリムの歴史は、今から9000年以上の昔に始まります。キリムのモチーフに見られる伝統的な表現方法は、世代から世代に、 母から娘へと受け継がれ、今もなおその歴史を刻み続けています。

母から娘へ…

母から娘へ受け継がれるキリムの織り キリムがとても魅力的なのは、 用いられているモチーフがとてもシンボリックで象徴的な意味を持っているからでしょう。モチーフの意味を判読するのには、 数々の想像を働かさなければならないのです。研究者たちは、哲学・宗教・生活文化・精神分析にいたるまで、 まさに人間性の全てを重ね合わせて、キリムに込められたメッセージを読みとろうとするのです。複雑に組み合わされた表現から、 次々にイメージを膨らませる・・・それこそがまさにキリムが多くの人を惹きつける魅力といえます。

キリムのモチーフには、それを織った女性たちの秘められた想いが込められているのですが(時には本人も無意識なのか・・)、 そのデザインには伝統的に受け継がれてきたある特定の形・幾何学的なパターンになっています。 歴史の表にはなかなか表れてこない女性たちの社会に、脈々と受け継がれてきた文化なんですね。

9000年前、まだ人類が幼い子どものようだった時代にキリムは誕生し、そこに織り込まれたモチーフは愛や命、 死や見えないパワーを表現してきました。キリムに織り込められたメッセージは、 昔の人々が現代の私たちに残してくれた手紙のようなものかもしれません。ちょっと複雑すぎる暗号ですが・・・。でも、 それを解読するのもまた楽しみです。めまぐるしく変わる私たちの毎日に、いつの時代も変わらない、 飾らないままのやさしい心を伝えてくれているのですから。

トルコ語でキリムは、もともと単に織物を表しました。遊牧民にとっては、たとえ彼子供のころからキリムの織り方を身につけて…らが定着生活であったとしても、夏は涼しくて冬は暖かいというキリムは、生活にはなくてはならない、 何にでも使える幅広い用途のものでした。

例えば、キリムは風や砂から身を守ってくれる家にもなり、家の中ではベッドやテーブルにもなる。 おしゃべりをするためのスペースをつくったり、赤ちゃんのゆりかごになったり、タンスになったり、棺にだって使われました。 そして神聖なお祈りの場所にも。

宗教的な儀式に使うものということでは、キリムほど日常生活にとけ込み、 しかも伝統的に花嫁道具のひとつとして女性の手で作られていたのは、他のどの文化や文明にも見られないキリム特有のことなのです。 ここにもまた、キリムと精神世界を結びつける密接な関係がありそうですね。(2001.6)






日時: 2001年06月16日 01:37 | パーマリンク |情報ページTOPへ   ▲画面上へ

このカテゴリーの記事一覧