2011年4月20日

アラブ風のキャンドルランタンがそろいました

アラブ風の銅製ランタン

トルコから、無骨な感じ(?)の実用派ランタンが到着

↑上の写真は、アメリカのインテリア雑誌風に撮影してみました。
さわやかな感じでしょ♪

LOHAS とか ECO の考えが、浸透してきているのでしょうか、
ここ2,3年、欧米は以前にも増して、「キャンドル・ブーム」のような気がします。


電気を消して、ぼんやりとしたキャンドルの光を楽しむスローな夜 〜*

ゆらぐ炎を見ていると、とっても穏やかな気持ちになってきますね。


今回入荷してきたのは、トルコ南部の ウルファ、マルディンなどで作られた
装飾が少なめの、シリア・アラブスタイル。

今でも職人さんが、コンコンと銅版を打って円盤を整形する100%手作りの
ランタンです。


キャンドルランタンとしてお使いになるときは、円筒形の“ピラーキャンドル”がおすすめ。

安定していて倒れたりしにくいことと、なにより長時間使えて長持ちなのがうれしい!

キャンドルは小さな火でも、ランタンの上部の金属部分は高温になりますから、
火をつけてランタンを動かすときなどは、十分にご注意くださいね。


トルコから・アラブ風のキャンドルランタン


一方・・・

人気のモロッコデザインのランタンも、小型サイズが3種類入ってきました。

モロッコ風キャンドルホルダ

こちらは、モロッコ風のデザインを再現した、インド製のキャンドルランタン。

キャンドルを置くところに、小さなカップが付いていますので、
ティーライトキャンドルを入れて、お使いください。

数量やや少なめですので、お早めに〜

モロッコ風のキャンドルランタン

2009年4月 3日

透明ガラスが素敵なアラビックテイストのランプ

ショーケースにもなるシンプルなアラブ風ランプ

すかし模様が壁に映って、オリエンタルムード満点!

シンプルなガラスランプが到着しました。

伝統的なモロッコやエジプトのアラブスタイルランプをちょっぴりアレンジして
出来上がった、新しいシリーズなんです。

 ★ポイントは・・・

色ガラスやすりガラスが使われている、オリジナルのランプから、
シンプルな透明ガラスに変更。
形はアラブ風なのですが、色使いをおさえることで、
スペインや南イタリアのシックな雰囲気も感じられて、とっても洒落たイメージ。

ちょっとコーディネートを変えると、インドや東南アジアのコロニアルスタイル風にもなりそう。

ショーケースにもなるシンプルなアラブ風ランプ

このシリーズ、実はもうひとつの特徴は、ランプとしてだけでなく、
ショーケースとして使えるように棚板がついていることなんです!
側面のガラスも開いちゃうので、けっこう大きなものも入ります。

当店の撮影では、天井照明のように吊り下げて、中に電球を入れていますが、
中にハロゲンスポットを設置したり、または自然光だけでもOK。

ちょっとしたグリーンを入れてみたり、小さなコレクションを並べたり、
いろいろなアレンジを考えるのも楽しそう〜

お店のディスプレイなどにも、ぜひぜひ使っていただきたいです。

設置方法など、わかりづらい点がございましたら、ご遠慮なくお問い合わせくださいね。

 モロッコランプ・アラブ風ランタン


2009年3月13日

アンティークガラスのランプ 20点

アンティークガラスのランプが到着しました!
今回はやや小さめサイズを中心に、ユニークな形ときれいな色がそろっています。

アンティークガラスランプ

まだ撮影がすべて終わっていないのですが、待ちきれず先にご紹介します!

トルコ・アンティークガラスランプ

晴れた日を待って、光を入れていないガラス写真も掲載しますので、少しお待ちくださいね。


お店のウインドウに飾ったランプ。夕暮れから夜にかけて、
道行く人も立ち止まって眺めてゆきます〜

2008年6月28日

初登場!アンティークランプ

アンティークガラスのランプ



ついについに!
アンティークガラスのランプを掲載いたしました。

このランプ、ガラタバザールが始まったころから展示会などでご紹介していたシリーズで、
昨年お店ができてからは、入り口の窓に飾ってありました。

今までは、ネットに載せることはなく、静かに売れてゆく・・・という商品だったんです。

が、今回やっと写真を撮影して、掲載することができました。


このランプ、アンティークなのはガラスの部分です。
オスマントルコ時代、フランスやチェコなどから輸入されてきたガラス類を加工して、
ペンダントランプに仕立てたものです。

もともとは、花瓶や水差し、グラス、アルコールランプなどなど、
いろいろな用途で使われていたガラス類のため、大きさや形もさまざま。

でもそれがまた、ユニークで個性的なランプに仕上がるんですね。

当店での展示は、10Wの電球を入れて、ボンヤリやわらかな光にしています。
これだけでお部屋を明るくするのは難しいですが、
インテリアランプとして、他の間接照明などにあわせて見ると
ムードたっぷりの演出が楽しめます!

設置については、電気店などにも相談して、安全にお使いくださいますようお願いいたしますね。

アンティークガラスのランプ 一覧へ

2006年3月 2日

オットマンランプNEW STYLE

オットマンスタイルランプ

 オスマントルコスタイルのランプ&キャンドルホルダ

エキゾチックで暖かみのある灯りで、お部屋の雰囲気をチェンジ♪
ワンポイント、プラスするだけでグッと素敵なインテリアになります!
 新着トルコランプ一挙にご紹介!
Candle Holder
テーブル・キャンドルホルダ
candle holder
ハンギング・キャンドル
otoman lamp
オットマンランプ・ファネル

Ottoman Lamp
切子ガラスランプ

pasa
オットマンランプ・パシャ
elevator
パレスランプ・エレベーター
mozaik lamp
モザイクランプ
Anthique lamp
パレスランプ・アンティーク

palace lamp
クラックガラスランプ



* オットマンランプ一覧はこちらから

2005年10月 2日

秋のお部屋に〜 やさしい光のオットマンランプ

オスマントルコ時代、商館や邸宅を飾っていたランプ。オリエンタルな雰囲気満点の美しい姿に惹きつけられます!

エレベーター式のランプは、下のつまみを引っ張ると、キャンドル受けの部分がホヤから外れて下に出てきます。火を入れて手を離すと、上についている重みに引っ張られて、自動的にホヤの中に戻る仕組みになっています。現代ではキャンドルを使うことはなくなりましたが、古い時代の雰囲気をそのままに残して、エレベーター式のクラシックなランプになっています。

オットマンランプのページへ

2004年12月15日

アンティークランプのように楽しむ


自分の理想のインテリアを探そうとするとき、ファブリックやカーテンを変えてみるのは、面積が大きいので効果がありますよね。気軽に挑戦できて季節ごとに次々変えることだってできます。

逆に壁や天井の色はなかなか簡単にとはいきません。

ところで照明はどうしてますか?? 私は照明については専門ではないけれど、インテリアを考えるときに最重要なアイテムだと思っています。太陽が差し込まない夜のあいだ、自分のいるお部屋の空気・空間に色を自由につけられるというイメージです。

お誕生日やクリスマスに、キャンドルを灯して部屋を暗くすることがありますよね。少しわくわく、それでいて心やすまるぬくもり。あぁ、こんなやさしい気持ち忘れてたなーって思うこと。

先のとがった吊り下げ形のこのランプは、古くは広いモスクの内側を照らすランプでした。今でもブルーモスクの中には、何百というシンプルなランプが吊り下げられています。(←の写真)

ここでご紹介するのは、トルコ・オスマン帝国時代に使われていたランプのレプリカです。電気がなかった時代は、キャンドルでボンヤリとしたあやしい光を楽しんでいたんですね。

少し暗めなので実用的とはいきませんが、玄関やトイレなど、限られた空間で異質な雰囲気を演出するのには、ばっちり活躍しそうです。もちろん、一日の仕事を全部終えたあと、リビングでゆっくり・・・というときには、ムード満点!リラックスできますよ† (*^_^*)

 ⇒ オットマンランプはこちらから

アンティークショップに並べられたランプ。やわらかな光が美しい。

 ⇒ オットマンランプはこちらから